アラサーの婚活と転職はどちらを優先?メリット・デメリットも紹介

今回はアラサーで転職と婚活を進める上での注意点を取り上げました。アラサーは仕事もプライベートも充実してくる時ですが、将来のライフプランも考えさせられる時です。

転職と婚活を同時に進めようとすると、精神的にも体力的にも大変…。片方を優先した場合でもそれぞれメリット・デメリットがありますが、一方が落ち着けば余裕が出てもう片方も集中して取り組めます。

この記事では、婚活よりも転職を先に進める方が良い理由を解説します。婚活がうまくいかず焦っている人は、記事を参考に転職をしてから婚活に移ってはいかがでしょうか。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/875368?title=%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88%E5%9E%8B%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3)

アラサーになって転職もしたいけど、婚活もしたい…

アラサーの婚活と転職はどちらを優先?メリット・デメリットも紹介 - %e5%a9%9a%e6%b4%bb

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2678783?title=%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB)

「結婚も考えなきゃいけないけど、転職してキャリアアップもしたい!」とアラサーのあなたは考えていませんか?

現在は転職も当たり前の時代になったので、新卒で入社した会社とは違う場所で活躍したいという人が多くなりました。さらに、アラサーになるとキャリアアップを目指して転職を考え始める人もいます。

早ければ20代前半、遅くても30歳までに結婚するべきという風潮もだんだんと薄れてきました。そのため、20代前半は仕事に費やし、落ち着いてきたら結婚を考え始める…というのが最近の流れです。

そのため、アラサーになったから転職もしたい、でも結婚もしたいという状態に陥る人が多くなりました。

アラサーで転職と婚活の両立はプロに頼るべき?

複数のことを同時に進めるのが得意な人は、転職と婚活を同時に進めても良いでしょう。ただし、すべて自分でやろうとすれば、無理が生じてどちらも自分が満足いかない結果に終わってしまう…ということが起きます。

婚活であれば結婚相談所のアドバイザー、転職であればエージェントなどプロに頼るのが手っ取り早いです。

転職に集中している時は、結婚相談所におすすめの相手を探してもらう、婚活に集中している時は、転職エージェントに条件にあう職場を紹介してもらうなど、使えるものを使う方が効率よく進めることができます。

ただし、最終的に結婚相手も転職先も決めるのは自分になりますので、妥協したくない人は片方に集中して進める方が良いでしょう。

両方同時に進められない場合は転職を先にする

転職と婚活が両立できれば、結婚や将来のキャリアを見据えた転職活動ができます。しかし、転職も婚活も精神的、身体的に負担がかかります。

アラサーの転職は新卒採用や20代の転職とは違って、管理職の経験や実績を求められたり、より専門的な知識を求められたりします。そのため転職活動が当初の予定より伸び、なかなか次の職場が決まらないことも。

婚活は将来一生を過ごすかもしれない相手を探すので、より慎重になる必要があるでしょう。焦って結婚した結果、うまくいかずに離婚になってしまっては時間が無駄になってしまいます。

自分では婚活と転職の両立が難しいと感じたら、先に転職を進めることをおすすめします。

アラサーの転職は1年以内で何とかなる

アラサーの婚活と転職はどちらを優先?メリット・デメリットも紹介 - %e5%a9%9a%e6%b4%bb

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/313833?title=%E6%B1%82%E4%BA%BA%E3%81%A8%E5%B1%A5%E6%AD%B4%E6%9B%B8)

アラサーの転職活動は、先ほど説明したとおりキャリアアップを目指そうと考えていても、希望する職種になかなか決まらない可能性はあります。

しかし、年収や職場の環境など条件に完璧を求めなければ、転職は長くても1年以内に完了します。(ただしブラック企業は避けてくださいね!)

「次の職場が決まらないと生活ができないから、本当に自分に合う場所を見つけないと!」とこだわりすぎて転職が長引いてしまったら、婚活を始めるタイミングがどんどん遅くなってしまいます。

転職は失敗しても、次の職場は何とか見つかります。私は転職活動半年で数十社落ちましたが、次の職場が決まっています。この記事を読んでいるあなたでも、効率よく転職を進めれば次の職場はすぐに見つかりますよ。

アラサーの婚活は長期戦になる可能性も

アラサーの婚活と転職はどちらを優先?メリット・デメリットも紹介 - %e5%a9%9a%e6%b4%bb

(画像出典:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/miuFTHG3120_TP_V.jpg)

転職は長引いても1年以内に完了しますが、婚活は条件に合う相手と出会えない場合、結婚にたどり着くまでに数年かかることがあります。

転職は失敗しても、もう一度自分の希望に合う職場を探せばよいだけです。ただ、婚活は結婚まで進んだとして様々な理由で相手との生活が上手くいかないことがあります。

現在は以前と比べて離婚しやすくなっているため、結婚で失敗してもダメージは少ないですが、一方で婚活にかけた費用や労力を考えるとショックは大きいですね。

結婚相手の選択を間違うと、再婚相手を探すのに時間がかかります。婚活市場は年齢が上がるほど不利になるのが現実です。そのため、相手選びを間違えないよう慎重になる分だけ時間がかかるのです。

アラサー女性は婚活してから転職は難しい?

アラサー女性で、転職と婚活を始めようと考えているならば、転職から始めることをおすすめします。女性の場合は、本人がキャリアアップしたいと考えていても、結婚と出産が働く上で壁となることが多いです。

即戦力になる人が欲しい会社は、せっかく優秀な人を採用しても、産休に入ってしまうと業務が進まず困ってしまいます。そのため、結婚しているのに子どもがいない場合、条件がそろっていても不採用にすることも。

会社は長く働ける人を採用したいと考えるため、独身で未婚の人を優先的に採用することは十分にあります。そのため、婚活してから転職は可能ですが、転職の選択肢が減る可能性があります。

アラサー男性は転職してから婚活がいい?

アラサー男性で転職と婚活を始めようと考えているならば、女性と同様転職を先におすすめします。20代~30代の婚活女性は、結婚相手の条件にアラサー男性を希望することが多いです。

婚活中のアラサー男性の中には、職場で責任ある立場にいて、経済的にも精神的にも余裕がある人がいるでしょう。女性は男性に安心感を求めるため、安定した職場で働いていて資金がある人を選ぶ傾向があります。

男性が起業したり、ベンチャー企業に転職したり、金銭的に不安定な状態だと、婚活では不利になります。女性は男性に対し「この人と将来一緒に過ごして大丈夫なのか?」と不安になり、結婚相手に選びません。

そのため、アラサー男性は転職活動が落ち着き、収入が安定した段階で婚活を始めた方が、結婚が決まりやすいでしょう。

転職を優先した場合のメリット・デメリット

アラサーの婚活と転職はどちらを優先?メリット・デメリットも紹介 - %e5%a9%9a%e6%b4%bb

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3035437?title=%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3)

ここまで、女性も男性も転職を優先した方が婚活が上手くいく可能性が高いと解説しました。婚活と転職のそれぞれを優先した場合に起きるメリット、デメリットをまとめます。

メリット

転職を優先した場合のメリット
  • 自分が希望する職場や職種に転職しやすい
  • 転職先の職場で結婚相手が見つかる可能性がある
  • 万が一結婚で失敗しても、生活面で不安が無くなる

転職がうまくいけば、経済的に安定するため生活面の不安から解放されます。精神的な余裕ができれば婚活にも集中できるので、転職を短期間で終わらせられるように進めた方が良いでしょう。

また、転職後に結婚しても、今の時代は様々な理由で離婚する可能性があります。生活資金があれば1人で生活できますし、婚活も落ち着いたらやり直すことができるでしょう。

デメリット

転職を優先した場合のデメリット
  • 転職活動が長引けば、婚活を開始するタイミングがその分遅くなる
  • 希望条件の相手が少なくなる可能性がある
  • 転職先で出張が多いと、仕事中心になり婚活に集中できない

一方で転職がうまくいかないと、その分婚活に時間を割けないため、開始するのが遅くなります。すると、希望条件に合った人が別の人と結婚してしまった…ということが起きます。

さらに、婚活を開始するタイミングが遅くなると、その分自分の年齢が上がりますので婚活では徐々に不利になります。30歳までにどうしても結婚したいと考えている場合は、今の職場に一旦とどまるのも1つの手です。

婚活を優先した場合のメリット・デメリット

婚活を優先した場合に起きるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

婚活を優先した場合のメリット
  • (女性の場合)出産や子育ての制度が充実している職場を探せる
  • 結婚相手の転勤や勤務状況に合わせて柔軟に動ける

婚活で良い相手が見つかれば、安心して転職活動も進められます。結婚後の子育てを考えた転職活動ができるので、子育ての環境が整った職場に就職すれば長く働くことができるでしょう。

また、結婚相手の勤務状況に合わせて職場を選択したり、働き方を変えたりすることも可能です。

デメリット

婚活を優先した場合のデメリット
  • 条件にあう相手が見つからない場合、転職活動に移れず希望の職場が少なくなる
  • 結婚を機に退職した場合、離婚すると復職が難しく、経済的に不安定になる

婚活を優先して結婚が決まり、今の職場を退職する場合は注意が必要です。専業主婦(夫)になり、個人収入が0の状態で離婚した場合、当然ですが自分で生活していくために就職する必要があります。

すぐに復職できる資格や能力があれば問題ありませんが、次の職場が決まらない状態だと、家計も不安定で日常生活で苦労することになるでしょう。

まとめ

今回はアラサーが婚活と転職を進める場合のメリット、デメリットを取り上げました。転職は失敗してもやり直しがききやすいですが、婚活は失敗すると過ぎた時間だけ不利になります。

「とにかく30歳になる前に結婚したい!」と思うならば、婚活に集中しても良いでしょう。しかし、結婚後に仕事を辞めて専業主婦(夫)になったら、経済的な部分は結婚相手に頼らざるをえなくなります。

結婚生活がうまくいかなくても今後の生活を考えて我慢したり、自分の好きなことにお金と時間を使うことが難しくなったりすることも。

婚活の目的が一生を共にする相手を見つけることから、結婚することに変わらないよう注意したいですよね。

ABOUTこの記事をかいた人

シドニー

総合職→事務員→Webライター(予定)。ペンギンがいる水族館にいくことが趣味。他にキックボクシングも修行中。最近は投資にはまり、資産運用とお金に関係するキーワードを見ると興奮する変人。投資はFX、ロボアド、投資信託、株式など知り合いからやりすぎと言われる。