片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介!

「片思いの相手を怒らせた時は、どうすればいいの?」や「冗談のつもりで言ったのに、相手を怒らせてしまった…」という悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

片思いをしている時は、自分へと振り向いて欲しいがためにしつこくなってしまい、相手を怒らせてしまうこともありますよね。

今回は、怒らせてしまった相手との関係を改善するための6つのステップを紹介していきます。また、怒らせてしまった時の注意点も紹介しています。

この記事で紹介している「怒らせてしまった相手との関係を改善するための6つのステップ」を踏むことで、今の事態を対処することができるので、ぜひ最後までみていってくださいね。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%BC-%E5%BF%83-%E8%8A%B1-%E8%8A%B1%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88-712892/)

片思いをしている好きな人を怒らせてしまった…

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E8%82%96%E5%83%8F%E7%94%BB-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84-400574/

「自分では悪気なく発言した言動が原因で、片思いの相手を怒らせてしまった…。」という状況になると、自分のことを嫌いになってしまったのではないかと思い、怖くなりますよね。

また、「自分でもわからないけれど、片思いの相手が怒っている…」というパターンだと尚更怖いですよね。

そして、メールを送っても返信がこなかったり話しかけても無視されたりすることで理由がわからず、その流れで謝罪してしまうと余計に相手を怒らせるなんてことになる可能性もあります。

そこで今回は、そんな最悪な結果にならないようにするためにも、怒らせてしまった相手との関係を改善するための6つのステップを紹介していきます。

スポンサーリンク

怒らせてしまった相手との関係を改善するための6つのステップ

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%89%8B%E9%A0%86-%E9%9A%8E%E6%AE%B5-%E7%99%BB%E5%B1%B1-1081909/

怒らせてしまった相手との関係を改善するための6つのステップは、以下のとおりです。

  1. 一旦冷静になって落ち着く
  2. 怒っている原因を考える
  3. 相手の友達に聞く
  4. 相手としっかり話をする
  5. 素直に謝る
  6. 場合によっては諦める

ここで紹介する、怒らせてしまった相手との関係を改善するための6つのステップを踏み、今の事態を対処してみましょう。

次の見出しからそれぞれ詳しく解説していきますので、片思いの相手を怒らせてしまった際には、ぜひ参考にしてみてください。

片思いの相手を怒らせた時の関係を改善するためのステップ①

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A8%E3%82%AC-%E5%B1%8B%E5%A4%96-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BA-2176668/

誰でも好きな相手を怒らせると、「嫌われちゃった」と思い込んでしまい悲観的になってしまうものですよね。

その結果、「もう嫌われてしまったのだから、どうにでもなれ!」と思い、投げだしたくなる気持ちも分かります。

ですが、まずは一旦冷静になって落ち着くことが大切です。そして、そこで冷静に対応した結果、相手と仲直りする可能性も大幅にアップします。

ですので、悲観的にになって投げ出したくなるような気持ちを抑えて、一旦冷静になって落ち着いて考えましょう。

スポンサーリンク

片思いの相手を怒らせた時の関係を改善するためのステップ②

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%80%9D%E8%80%83-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E8%82%96%E5%83%8F%E7%94%BB-%E7%99%BD%E9%BB%92-2725279/

一旦冷静になることができたら次は、相手が怒ってしまった原因を考えてみましょう。原因が分からなければ、どう謝っていいかも分かりません。

また、何が原因で怒っているのか分からないまま謝ってしまうと、なおさら相手を怒らせてしまうかもしれませんし、今後同じことが起こったときに対処することができません。

自分の相手に対しての言動や行動を思い出しながら、相手を怒らせてしまった原因を考えてみましょう。

片思いの相手を怒らせた時の関係を改善するためのステップ③

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BA%BA-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%AD%A6%E7%94%9F-2557396/

「一旦冷静になって落ち着いたけど、怒っている理由が分からない」という場合は、怒らせてしまった相手の友達がいるのであればその友達に聞いてみると良いでしょう。

親しくしている友達には、愚痴などと共に怒っている理由を話しているかもしれません。

友達に話を聞いてみることで、怒っている理由が分かるかもしれませんし、もしかしたらもう怒っていないことに気付ける可能性もあるかもしれません。

怒っている理由がどうしても分からない方は、相手の友達に聞いてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

片思いの相手を怒らせた時の関係を改善するためのステップ④

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BA%BA-%E7%94%B7-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB-3163556/

片思いの相手と共通の友達がいなくて、怒っている原因が分からない場合は、思い切って相手と話をすると良いでしょう。

たしかに、怒っている人に向かっていくことは誰もが嫌なことです。さらに怒らせたり、嫌われてしまったりするかもしれないからです。

ですが、相手としっかり話をしないことには、いつまでたっても関係が改善されません。ですので、相手としっかり話をして原因を聞き出すことが大切です。

そして、聞く時は腹を括って聞いてみましょう。もちろん感情的にならないように、冷静になって落ち着いて言う事を決めていくと良いです。

片思いの相手を怒らせた時の関係を改善するためのステップ⑤

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E8%A8%98%E5%8F%B7-%E7%94%B3%E3%81%97%E8%A8%B3%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%8C-%E6%96%87%E5%AD%97-1719892/

これまで紹介してきた関係を改善するステップを実践してきた上で相手の怒っている原因が分かったら、最後は素直に謝りましょう。メールや電話でもいいですが、やはり直接会えるなら直接会って謝る方が良いでしょう。

自分に怒らせてしまった原因があるとすれば、その原因に対して今後どうするかを説明して謝ったら、あとは相手が話し出すのを待つだけです。

ここで注意点として、相手が話している最中に口出しをしないと言う事です。途中で口を挟む事で、せっかく直りかけていた相手の機嫌が一気に悪くなるかもしれません。

その点には十分に注意して、相手の話を最後まで聞いてあげてください。そうする事で、「自分の話をちゃんと聞いてくれる人だ」と思われ仲直りにつながるかもしれません。

片思いの相手を怒らせた時の関係を改善するためのステップ⑥

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%B6%99-%E5%8F%B7%E6%B3%A3-%E7%97%9B%E3%81%BF-%E4%B8%8D%E6%AD%A3-%E6%9A%B4%E5%8A%9B-4551435/

片思いの相手と共通の友達がいなくて、怒っている原因がわからない場合は「場合によっては諦める」ようにしましょう。恋愛において、場合によっては諦めることも大事だと言えます。

相手に取り返しのつかないくらい嫌われてしまった場合、どれだけ謝罪したり関係改善のための努力をしたりしたところで、相手が振り向いてくれないこともあります。

もしも、相手が振り向いてくれない状況になってしまった場合には、いっそのこと腹を括ってその相手を諦めて、別の相手を探すことも大事なことです。

片思いの相手を怒らせた時の注意点

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E6%B3%A8%E6%84%8F-%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB-%E8%AD%A6%E5%91%8A-%E8%B5%A4-943376/

ここまで、怒らせてしまった相手との関係を改善するための6つのステップについて解説してきました。

しかし、関係を改善するステップを実践する上で気をつけなくてはいけない注意点があります。

ここからは、片思いの相手を怒らせたときの注意点2つについて、詳しく解説していきます。

片思いの相手を怒らせた時の注意点2つ
  1. 安易に謝らない
  2. 一緒になって怒らない

実際に、関係を改善するステップを活用する際には、ここで紹介する注意点2つも併せて頭に入れておくことで、片思いの相手をさらに怒らせてしまう可能性を下げることができるので、ぜひ参考にしてください。

片思いの相手を怒らせた時の注意点①安易に謝らない

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%99%E3%81%BF%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93-%E7%94%B3%E3%81%97%E8%A8%B3%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%8C-5079442/

1つ目の、関係を改善するステップでも言いましたが、相手が何が原因で怒っているのかを理解しなければいけません。

怒った原因を理解していないまま安易に謝ってしまうと、相手はさらに怒ってしまうこともあります。相手が怒っていると判断した瞬間に、とりあえず謝るというようなことはしないでおきましょう。

最終的には謝るのが一番なのですが、かと言って安易に謝ることはしてはいけません。しっかり相手が怒っている原因を突き止めてから謝るようにしましょう。

片思いの相手を怒らせた時の注意点②一緒になって怒らない

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8B%B3-%E5%BC%B7-%E6%80%92%E3%82%8A-%E6%B6%99-%E3%81%9D%E3%82%88%E9%A2%A8-1148029/

もしかしたら、「相手は怒ってしまったけど、自分は悪く無い!」という場合もありますよね。

そして、一緒になって怒ってしまい、相手との関係がより悪くなってしまうことも考えられます。

しかし、相手と仲直りしたいのであればそこは一旦冷静になって、意地を張らずに感情をぶつけることはしないでおきましょう。

一緒になって怒ったところで、なんの問題も解決しません。怒る気持ちも分かりますが、一旦落ち着いてから話し合いましょう。

まとめ:片思いの相手を怒らせた時は6つのステップを活用しよう

片思いの相手を怒らせた時に、関係を改善するための6つのステップを紹介! - love

https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BA%BA-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB-%E3%82%AD%E3%82%B9-%E6%84%9B-%E6%9A%97%E3%81%84-2562102/

ここまで紹介してきた、関係を改善するための6つのステップをおさらいとして下記にまとめましたので、もう一度確認してみてください。

怒らせてしまった相手との関係を改善するための6つのステップ
  1. 一旦冷静になって落ち着く
  2. 怒っている原因を考える
  3. 相手の友達に聞く
  4. 相手としっかり話をする
  5. 素直に謝る
  6. 場合によっては諦める
片思いの相手を怒らせた時の注意点2つ
  1. 安易に謝らない
  2. 一緒になって怒らない

今回は、怒らせてしまった相手との関係を改善するための6つのステップに分けて紹介しました。今後、もし片思いの相手を怒らせてしまうようなことがあったら、今回紹介した対処法を参考にしてみてください。

また、片思いの相手を怒らせた時の注意点2つも併せて頭に入れておくことで、相手をさらに怒らせてしまう危険も回避することができます。

最後に、この記事を最後まで読んでくれたあなたが、片思いの相手と結ばれることを心から祈っております。