一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは?

この記事は現在、「一人で寂しい、誰か助けて」と感じている人向けに書かれています。

家に帰った時に、不意に「一人で寂しいな、誰か助けてくれないかな」と感じた経験があるのではないでしょうか?

そこでこの記事では「寂しい」「誰か助けて」と感じる主な原因5つとその対策5つを紹介します。

どうして寂しい気持ちになるのだろう」「もう一人で寂しい思いはしたくない」という方は是非この記事を最後まで読み、参考にしてみてください!

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/vXymirxr5ac)

寂しい・誰か助けて、と感じる5つの原因

普段生活をしていて不意に、「寂しい・誰か助けて」と感じるのはどうしてなのでしょうか?

ふとした時に、一人で寂しい・誰か助けて、と感じる主な原因として考えられるのは以下5つあります。

5つの主な原因
  1. 孤独
  2. 好きな人、大切な人に会いたいのに会えない
  3. 私生活が充実していない
  4. 運動不足
  5. 楽しいことが終わってしまった

上述した5つの原因がどのように作用して「寂しい・誰か助けて」と感じるようになるのか、より具体的に見ていきましょう!

寂しい・誰か助けて、と感じる原因①:孤独

一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは? - love

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%A4%BA-%E5%BA%A7%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-1081788/

一人で寂しい・誰か助けて、と感じる原因の1つ目は「孤独」であるということです。

一口に「孤独」といっても、どこからどこまでの事を言っているのか?と疑問に思いますよね。孤独の定義は以下のようになっています。

仲間や身寄りがなく、ひとりぼっちであること。思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もなく寂しいこと。また、そのさま。

引用:goo辞書

例えば「住み慣れて友達の多かった場所から引っ越し、知り合いのいない土地で一人暮らしをしていて常日頃から感じる孤独」などを想像して頂けるとイメージしやすいかと思います。

そもそも人類は地球に誕生して以来、お互いに助け合いながら生き、進化してきた存在です。そのため人間だれしもが「助け合い」の本能を持っているので、誰であっても「孤独」というものは寂しいものなのです。

寂しい、誰か助けて、と感じる原因②:会いたいのに会えない

一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは? - love

出典:https://www.pakutaso.com/20191150315post-24130.html

一人で寂しいな、誰か助けて、と感じる原因の2つ目は、「好きな人、大切な人と会いたいのに会えない」ということです。

このことは恋愛経験のある人なら恋人と会いたいのに会えない、といったことや一人暮らしの方などは、大切な家族や友達に会いたいのに会えない、といったことで身近に感じやすいのではないでしょうか?

学生時代であれば学校にいって友達に毎日会うことは可能ですが、社会人になったり離れた場所に引っ越したりすると、お互いに仕事が忙しくて会えなかったり、物理的に会えなかったりしてしまいます。

大好きな人に、会いたいのに会えない状況というのは、寂しさを感じる大きな原因です。

寂しい、誰か助けて、と感じる原因③:私生活が充実していない

一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは? - love

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3132388/

「一人で寂しいな~、誰か助けて」と感じる原因の3つ目は、「私生活が充実していない」ということです。

仕事ばかりで誰とも遊べず、趣味やストレス発散の方法が無い生活を送っていると、気持ちがマイナスに働いて負の感情が芽生えます。

私生活が充実していないと、マイナスな方向へと気持ちが一直線に進んでしまいます。

日々の生活に少しでも楽しいことがあり、私生活が充実していれば「一人で寂しい、誰か助けてくれないかな」とは感じないはずです。

寂しい、誰か助けて、と感じる原因④:運動不足

一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは? - love

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3771069/

「一人で寂しいな~、誰か助けて」と感じる原因の4つ目は、あまり関連がないように感じるかもしれませんが実は「運動不足である」ということです。

社会人になると、仕事や人との付き合いでなにかと忙しく、運動する時間が中々とれないことも多々あるでしょう。

運動することのメリットとしては「ストレス発散になる」「ポジティブになる」「やる気が出る」など他にも多数挙げられます。

裏を返せば、運動不足であることは「ストレスが溜まる」「ネガティブになる」「やる気が出ない」ということになり、気持ちがマイナスに働き「一人で寂しい」といったような負の感情を生み出します。

寂しい、誰か助けて、と感じる原因⑤:楽しみが終わった

一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは? - love

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E5%A5%B3%E6%80%A7-413690/

「一人で寂しいな~、誰か助けて」と感じる原因の5つ目は、「楽しみが終わってしまった」ということです。

「久しぶりに会った友達とのお出かけ楽しかったな~。でも家に帰るとまた一人。気づいたらまた寂しい気持ちでいっぱいだな。」なんてことを経験したことはありませんか?

楽しみにしていたことをしている時は楽しいし、気分も上がっているので寂しかった気持ちは忘れてしまいますが、それが終ってしまうと楽しみが無くなってしまうのでまた寂しい気持ちになりますよね。

一人で寂しく感じない対策5つ

今までは「一人で寂しい、誰か助けて」と感じる主な原因について5つみてきました。

気持ちが落ち込んでいてマイナスの方向に進んでいると「病は気から」とことわざで言うように、うつ病になってしまったり、孤独や寂しさに耐え切れず自殺をしてしまう方もいます。

そうならないためにはどう行動すればいいのか、寂しさに打ち勝つための対策を5つ紹介します。

寂しさに打ち勝つための対策5つ
  1. 何かに夢中になる
  2. 毎日の小さな出来事で自分を褒める
  3. 週に何度か人と話す
  4. 運動をする
  5. 新しい恋人を作る

羅列した寂しさに打ち勝つための5つの対策について詳しく見ていきましょう!

一人で寂しく感じないための対策①:何かに夢中になる

一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは? - love

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88-923882/

寂しさに打ち勝つための対策1つ目は「何でもいいから何かに夢中になる」ということです。

これは寂しさの原因③の「私生活が充実していない」にも関わってきますが、「趣味もなくやることもなく興味のあることもない」状態で、毎日「寂しい」と感じている人は多いのではないでしょうか?

今熱中していることがある人や過去に何か夢中になっていたものがある人は心当たりがあるかもしれませんが、何かに夢中になっていると寂しいという感情など湧かず、むしろ「充実しているな」と感じますよね。

興味を持ったり、夢中になれたりすることは人それぞれですので、自分自身に合うモノ・コトに対して、夢中になってみてください。

一人で寂しく感じないための対策②:小さな事でも自分を褒める

一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは? - love

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%B9%B8%E7%A6%8F-%E8%A3%8F%E9%9D%A2-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E8%8B%A5%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99-824419/

寂しさに打ち勝つための対策2つ目は「日々の小さな出来事でも自分を褒める」ということです。

人は寂しい気持ちでいっぱいだと自己肯定感が低くなる傾向があり、ネガティブになっていることが多いです。

自己肯定感を少しでも高めるためにも、「朝早く起きることができた」「時間がない中でも時間を作り勉強できた」など小さな事でもいいので自分を褒めてみてください。

周りの人たちからすれば大したことでなくとも、小さなことで自分を褒めてあげれば自己肯定感が高まり、自分の中にあった寂しい気持ちやネガティブな気持ちが払拭されますよ。

一人で寂しく感じないための対策③:毎日何度か人と話す

一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは? - love

出典:https://unsplash.com/photos/g1Kr4Ozfoac

寂しさに打ち勝つための対策3つ目は「毎日、何度か人と話す」ということです。

寂しさの原因①、②と関わってきますが、どちらの原因も大きな括りで見れば「繋がりがなくて寂しい」ということになるので友達とLINE、電話をするなどして寂しい気持ちを紛らわしましょう。

そう言われても時間が合わないし、そんな毎日連絡している暇なんかないよ」という方もいますよね。さすがに毎日話すのは難しいかもしれないので3日に1回とか、1週間に1回でも連絡を取るだけでもいいんです。

とにかく孤独でいることが寂しさを生むので、一人っきりにならずに、週1回でも心を許せる人と話すことができればストレスも発散できるし、寂しいといった気持ちも和らぐのでおススメですよ!

一人で寂しく感じないための対策④:運動をする

一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは? - love

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA-%E3%83%A8%E3%82%AC-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E7%9E%91%E6%83%B3-%E7%A9%BA-3848628/

寂しさに打ち勝つための対策4つ目は「運動をする」ということです。

「一人で寂しい、誰か助けて」と感じる原因の4つ目でも少し触れましたが、「運動をしない」ことは知らないうちに気分が落ち込み、ネガティブになるので回り回って私たちを「寂しい」といった気分にさせます。

運動を短時間でも毎日行うことによって「ストレス発散」「ポジティブになる」「やる気が出る」など様々な効果が期待できます。

毎日運動はちょっと、、と感じる方は「好きなYouTube見ながらちょっと筋トレする」「好きな音楽を聴きながら外をウォーキングする」など自分が楽しみながらできる運動をしてみるのはいかがでしょうか?

一人で寂しく感じないための対策⑤:新しい恋人を作る

一人で寂しい、誰か助けて!と感じる原因5つと対策5つとは? - love

出典:https://unsplash.com/photos/EvcUtLF12XQ

寂しさに打ち勝つための対策5つ目は「新しい恋人を作る」ということです。

社会人の方は特に仕事が忙しく、恋愛なんてしている暇はないよ、と思った方もいるかもしれません。しかし、恋愛をしていた頃を振り返ってみてください。毎日が充実していた自分がみえませんか?

恋をして相手のことを思う気持ちというのは「寂しい」といった感情を埋めてくれるし、自分の心に充実感を与えてくれます。

身近で恋愛に発展する場なんてない、という方でも「合コンに参加する」「マッチングアプリを利用してみる」「気になっている子をご飯に誘ってみる」など手立ては様々ありますよ!

まとめ

今回は、ふとした時に「一人で寂しい、誰か助けて」と感じる原因5つとその対策5つについてみていきました。以下、特に覚えておいて欲しい対策5つをまとめます。

寂しさに打ち勝つための対策5つ
  1. 何かに夢中になる
  2. 毎日の小さな出来事で自分をほめる
  3. 毎日何度か人と話す
  4. 運動する
  5. 新しい恋人を作る

以上、この記事の内容を参考にして、自分が寂しいと感じる原因は何なのか、まずはその正体を知ることから始めましょう。

「1人が寂しい」とは言っても、人それぞれに違った原因がありますし、それぞれの原因に適した対策もあります。

あなた自身が寂しさを感じる原因がわかったら、今回挙げた5つの対策を基に、寂しい気持ちをどこかに吹き飛ばしてみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大金持ちではなく小金持ちになることが目標です。現在学生で好きなことは寝ること、友達と遊ぶことです。趣味はゲームと読書。周りからはチャラそうだけど真面目とよく言われます。